日本貴金属協同組合は、明治大正年間から貴金属地金業あるいは貴金属精錬分析業者として創業致しました。貴金属の売買・精錬・加工・材料等に関し、永い経験と技術を有する企業の集団です。

過去には組合運営の一環として、加工用金売りさばき業及び歯科用金地金加工業者等の認可を取得し、また、金の政府払い下げ等に備えて倍額増資等を実施してきました。

平成18年6月 組合事務所の老朽化に伴い、現在地にビル(名称:プレシャス)を建設した事は、組合の運営事業に深く寄与し、組合員には将来の希望を扶助しております。

近年組合員を取り巻く環境の外的要因として、貴金属地金の高騰・内需の減少・円高による為替相場の激変等があり、 また、内的要因として、資源環境循環問題・近代化・後継者の育成等があり、年々益々厳しいものとなってきております。

組合員の更なる飛躍のため、組合員の抱える各種問題を、将来に渡り解決に向かって手助けしていけるよう

◆組合運営事業を円滑にする貴金属地金の共同購入の拡大

◆貴金属地金の品質管理及び情報提供の充実・資源環境循環問題に対する技術指導の向上

◆青年部会開催による組合員の後継者問題及び近代化への支援・促進

を指標として、各組合員が一致協力し、日本貴金属協同組合員であることを誇りに思い、益々組合の発展となるよう努力していく所存です。

当ホームページは、ご高覧頂きました貴金属にご興味のある皆様方のお役に立てるよう、貴金属関係を調査するリンク先を掲載しています。

当組合の歴史が掲載してありますので、ご一読頂ければ幸甚です。